医師が製薬会社に転職する際の仕事内容と年収

投稿日:

医師の活躍の場は、今や医療機関にとどまらず多岐にわたっていますが、その中でも人気の高い職場に「製薬会社」があります。

製薬会社で働く医師は「メディカルドクター(MD)」と呼ばれ、医師ならではの知識や視点から、新薬の開発・安全管理・マーケティングなどに貢献することがおもな仕事です。

欧米に比べると、日本のメディカルドクターはまだまだ数が少ない状況ですが、外資系の製薬会社を中心に採用が増えており、医師からも「働きやすく稼ぎがいい仕事」として人気を集めています。

ここでは、医師が製薬会社に転職する際の仕事内容、および年収についての情報をくわしくご紹介していきます。

製薬会社の医師、メディカルドクターの仕事内容とは?

製薬会社に転職した医師は、以下の3つの部門のいずれかに配属されることが一般的です。

臨床開発部門

製薬会社の臨床開発部門は、新薬の効果や安全性を確認するための臨床試験(治験)に関わる部署です。

計画書の作成に始まり、治験を依頼する医療機関との交渉や、治験の進捗状況の確認、報告書の回収と分析、そして治験で得られたデータをもとに、厚生労働省に新薬の承認申請を行なうための書類を作成するなど、治験に関する多種多様な業務があります。

その中でもメディカルドクターがおもに担当するのは、治験全般に対して医学的な視点からアドバイスを与える業務です。

たとえば、治験の計画書や必要資料をチェックして適切なコメント・指導をしたり、試験結果を医学的に評価したり、治験中に生じた副作用への対処法について指示したりします。

このように、メディカルドクターが治験に関わることで、より新薬の開発がスピーディかつハイクオリティに進行し、長年問題となっている「ドラッグ・ラグ」の解消につながる効果が期待されています。

安全性情報部

製薬会社の安全性情報部とは、治験中の薬、もしくはすでに発売された医薬品で起こりうる副作用を評価したり、副作用のリスクを減らすための対策を考えたりする部署です。

メディカルドクターのおもな業務としては、

  • 治験中および発売後の医薬品で起こった副作用を、医学的に評価する
  • 医薬品の添付文書を作成する際に、医学的なアドバイスを与える
  • 副作用のリスクを最小限にするためのリスクマネジメントを行なう
  • 新薬の製造販売後に行なわれる調査(PMS)を計画し、そのデータに対して医学的な視点からアドバイスを与える

などが考えられます。

薬は、開発中はもちろん、承認を受けて市場に出た後も引き続き安全性を確認していく必要があります。

できるかぎり副作用の少ない安全な薬を提供し続けるためにも、メディカルドクターには、医学的な立場から副作用や有害事象のレビュー・予測・管理などの業務が求められるのです。

メディカルアフェアーズ

メディカルアフェアーズ(Medical Affairs)は、最近多くの製薬会社で力の入れられている部門です。

会社によって重きを置く業務は異なりますが、すでに販売されている自社の医薬品のマーケティング調査を行ない、適切に使用されているかどうか、ベネフィットとリスクはどうなっているかなどを調べることがおもな業務となります。

その上で、より多くの患者さんに薬を使ってもらうための改善点を提案したり、実際に医療機関に足を運んでの営業活動を行なったり、医療現場でのアンメットメディカルニーズ(まだ有効な治療法のない疾患に対する医療ニーズ)をリサーチして、それを充足する新薬の開発につなげたりと、マーケティングに関する幅広い業務が考えられます。

特に医師は、これまでの臨床医としての経験から、アンメットメディカルニーズについて現場の感覚を持っていることが多いため、マーケティングの分野でも活躍できる可能性を秘めています。

メディカルドクターの年収(給与)はどれぐらい?

医師の給料

メディカルドクターの給与は、製薬会社によっても異なりますが、一般的には1,000万円~2,000万円の間が多いといわれています。

製薬会社での経験がない医師の場合でも、初年度の年収が1,000万円を下回るケースは多くありません。さらにキャリアを積んで役職がつくようになれば、2,000万円以上稼ぐメディカルドクターもいます。

実際の求人を見ても、「年収 1,300万~2,200万円」「年収 1,000万~1,500万円」「年収 1,600万~2,000万円」などの募集を出している企業が多く、かなり安定した収入を得られることがうかがえます。

実際、医局や医療機関から転職した医師の中には、「メディカルドクターになってから年収が数百万アップした」という人もいるようです。

しかもメディカルドクターは、製薬会社に勤める会社員ですから、「完全週休2日制」「定時で帰れる」「当直なし」がスタンダードとなっています。これまで激務に追われていた医師にとっては、何かと魅力的な仕事です。

また、製薬会社には女性社員が比較的多いため、産休や育休もとりやすく、家庭のある女性医師にも働きやすいといわれています。

まとめ

製薬会社に勤める医師、メディカルドクターの仕事内容や年収についてご紹介しました。

新薬の開発や安全管理、マーケティング業務など、臨床医とはまったく異なる仕事になりますが、医師ならではの知識やスキルを活かして、病に苦しむ患者さんに「薬」という分野で貢献することができます。

ただし、メディカルドクターは求人数が多くない上、収入や待遇がいいだけに、医師の転職先の中でもかなり狭き門であることは確かです。最低限の必要スキルとしては、論文の精読や作成、また外国人スタッフとのやりとりが多いため、一般的には高い英語力が求められます。

製薬会社への転職を考えている方は、自分で直接求人情報を探すよりも、転職エージェントの運営する転職サイトに登録したほうが効率的です。

メディカルドクターの募集は、非公開求人として取り扱われていることも多いですし、サイトに登録すれば担当コンサルタントがこれまでの経験やスキルをうまくアピールしてくれますので、ぜひ利用を検討してみることをおすすめします。

第1位!エムスリーキャリア

全国約30万人の医師の約8割が登録する医師登録会員数25万人以上のm3(エムスリー)が運営する医師転職サービスです。※他にない非公開求人も多数所有。ほとんどの医師が利用する転職サービスです。

公式サイト

【民間医局】の医師求人情報

医師のアルバイト求人に特化した転職支援サービスです。医師会員登録数が約10万人で年間紹介実績が4万件ほどある老舗の医師転職サービスです。

公式サイト

関連記事

医師の給料

病院の種類別医師の年収と転職

厚生労働省の調査(平成28年度)によると、医師(勤務医)の平均年収は約1,240万円となっています。資格職の中では、パイロットや弁護士などと並んで …

美容整形のイメージ画像

美容(整形)外科に転職した医師の年収

美容外科は、数ある診療科目の中でもとくに高収入を得られることで知られます。 基本的には自由診療であり、各医療機関がそれぞれの采配で料金を設定 …

外来

医師が「外来のみ」に転職する際の勤務条件や年収

転職を考える医師の中には、「外来のみ」を希望する方も多いと思います。 外来のみとは、一般的に日中の外来診療だけで、病棟管理・日当直・手術など …

医師の給料

非常勤の医師に転職した際の年収・給料・時給

医師の中には、「これまで常勤で働いてきたけれど、今後は非常勤で働きたい」と考えている方も多いと思います。 非常勤は常勤と比べて勤務時間に融通 …