医師が在宅医療・訪問診療に転職するメリット・デメリット

投稿日:

在宅医療・訪問診療

在宅医療・訪問診療は、近年ニーズが急激に高まっている分野です。

急性期治療を終えた患者さんや、QOLを重視した治療を受けたい患者さんの受け皿として、在宅医療は非常に重要な役割を担っています。

とくに「多死社会」が待ち受けている今後の日本では、病床数が不足することから、よりいっそう在宅医療の必要性が高まっていくことは確実です。

実際、ひと昔前まで在宅医療といえば「病院の少ないへき地のためのもの」というイメージがありましたが、最近は都市部でも多くの医療法人が訪問診療ステーションを積極的に開設するようになっています。

ここでは、そんな在宅医療・訪問診療の分野に医師が転職するメリットとデメリットを挙げていきたいと思います。

医師が在宅医療・訪問診療に転職するメリット

給与が高い

在宅医療は国が積極的に推し進めている施策であることから、手厚い点数配分となっており、従事する医師の給与も一般的に高めです。

求人を見ても、経験の有無にかかわらず常勤で年収1,500万円以上の案件が多いですし、年齢や経験によっては2,000万円以上を提示するところもあります。

非常勤の日給も高めで、中には日給10万円以上での募集もあるほどです。

収入アップのために転職を考えている医師には、非常に魅力的な分野といえます。

求人数が多い

在宅医療は需要が高く、新規参入する医療機関も全国的に増えているため、医師の求人には事欠かない状況です。

科目では内科や精神科が歓迎される傾向にありますが、一般的な内科診療が可能であればとくに科目は問わないとするところも多いため、専門にかかわらず活躍しやすい分野でもあります。

地域の患者さんに直接貢献できる

施設や個人宅に出向いて、患者さんに直接医療を提供する訪問診療は、医師としてのやりがいを実感しやすい仕事です。

大きな病院では、一人ひとりの患者さんにじっくり向き合うことはなかなか難しいのが現状ですが、訪問診療では患者さん本人や家族とさまざまな話をしながら、医療の原点ともいうべきぬくもりのあるサービスを提供できます。

医師が在宅医療・訪問診療に転職するデメリット

オンコール待機があるところが多い

在宅医療の定期訪問診療は、9時~18時など外来と大きく変わりませんが、休日や夜間のオンコール待機が必要な職場が多いという特徴があります。

一次対応は看護師が行なうことも多いため、必ずしも医師が緊急往診に呼び出されるとは限りませんが、とくに医師数の少ない職場ですと当番がまわってくる頻度も高く、なかなかゆっくり休めないこともあるようです。

ただし最近は医師の勤務負荷を軽減するために、夜間や休日のオンコールは非常勤医に任せる医療機関も増えていますし、中にはオンコール対応が一切不要となっている求人もみられます。

オンコールに不安のある方は、入職前にしっかり条件を確認しておくことが大切です。

看取りがある

在宅医療を利用する患者さんには、高齢者や末期がんの方も多いため、終末ケアや看取りはほぼ必須の業務となります。

患者さんが住み慣れた場所で、安らかに最期を迎えるためのサポートをすることは意義のある仕事ではありますが、どこで積極的な治療をやめるかの判断や、本人・家族からの要求への対応など、医師にかかる負担が大きいのもまた事実です。

実際、患者側の求めと医師の対応にギャップがあり、後味の悪い結末になってしまうケースも少なくありません。

勤務負荷が大きい場合がある

オンコール待機も含め、在宅医療の現場では1人の医師にかかる勤務負荷が大きくなりやすいといわれます。

とくに医師の在籍数が少ない職場では、1日のうちに何件も訪問診療をこなさなければいけなかったり、連日のオンコール待機が必要だったりするなど、激務に追われることもあるようです。

相場より高い給与を提示している職場の中には、それなりの理由がある場合も少なくないため、勤務条件については事前にしっかり確認しておきましょう。

在宅医療・訪問診療への医師転職を成功させるコツ

医師の転職

外来・入院に次ぐ第三の医療として確立されつつある在宅医療は、医師の求人も多く、収入も高めです。

ただし、勤務負荷は職場によってかなり異なるため、入職後にバーンアウトしないためにも、転職先は慎重に選ぶ必要があります。

そこで大きく役立つのが、医師専門の転職支援サイトです。登録すると担当コンサルタントがついて、希望条件を入念にヒアリングしてくれますし、興味のある職場があれば本人の代わりにリサーチや条件交渉なども行なってくれます。

求人票にはネガティブな情報が載らないのが普通ですので、あとから「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、プロのコンサルタントに情報収集してもらうことをおすすめします。

転職支援サイトを通して最終的に決まった条件については、書面で交わすことになっているため、あとから「話が違う」ということも起きにくいはずです。

在宅医療の現場で求められるスキルとしては、コミュニケーションスキルや共感能力があります。医師としての経験や専門知識も、もちろん大いに役に立ちますが、デリケートな状況にある患者さんや家族とダイレクトにかかわる業務なだけに、総合的な「人間力」が求められるのです。

上でも触れたように、在宅医療では患者側と医師の間で食い違いも起きやすいため、深い信頼関係を築ける人間的なスキルは、医療スキル以上に重要といえるかもしれません。

まとめ

医師が在宅医療・訪問診療に転職するメリットとデメリットについてご紹介しました。

まだまだ課題が山積みの在宅医療ですが、患者さんと直接触れ合いながら必要な医療を提供できる、やりがいのある仕事であることは確かです。

安定して勤め続けるためにも、オンコール対応の有無や業務範囲などについては、入職前にしっかりすり合わせておく必要があります。

そのためには、いいこともそうでないこともはっきりと教えてくれる、誠実なコンサルタントのいる医師転職支援サイトを利用するのが一番です。

評判のいい転職サイトにいくつか登録しておくと、希望条件に合った職場に出会える確率がアップします。

第1位!エムスリーキャリア

全国約30万人の医師の約8割が登録する医師登録会員数25万人以上のm3(エムスリー)が運営する医師転職サービスです。※他にない非公開求人も多数所有。ほとんどの医師が利用する転職サービスです。

公式サイト

【民間医局】の医師求人情報

医師のアルバイト求人に特化した転職支援サービスです。医師会員登録数が約10万人で年間紹介実績が4万件ほどある老舗の医師転職サービスです。

公式サイト

関連記事

放射線科の画像

医師が人間ドック・健診施設に転職する場合のメリット・デメリット

生活習慣病の増加や、人々の健康意識の向上などを受け、予防医療のニーズが年々高まっています。 そんな中、人間ドックや健診業務を行なう医師の求人 …

医師が都市部(都会)の病院に転職する場合のメリット・デメリット

地方で働く医師が、都市部(都会)の病院に転職するケースもたくさんあります。 転職理由は医師によりさまざまですが、都会への転職の魅力として一番 …

外来

医師が老人内科に転職するメリット・デメリット

老人内科(老年内科)とは、高齢者の診療を専門に行なう内科です。高齢化社会が進む今、非常にニーズの高まっている診療科となっています。 老年内科 …

医師が保健所に転職するメリット・デメリット

医師が活躍できる職場の一つに、各自治体の保健所があります。 保健所で働く医師は「公衆衛生医師」と呼ばれ、その業務は感染症の予防や母子保健、難 …

医師が保険会社に転職するメリット・デメリット

医師の活躍の場の一つに、生命保険会社があります。 保険会社に勤める医師は「社医」や「査定医」などと呼ばれ、保険の申し込みがあった際のリスク測 …