医師の高額求人を見る際に注意したい4つのポイント

投稿日:

給与は、転職先を決めるにあたって重要なポイントです。

医師の場合、一般的には2,000万円以上が「高額求人」といわれ、とくに2,500万円以上になるとかなり希少な案件になります。

しかし、高額求人にはそれなりの理由がある場合がほとんどです。たとえば「週4日の外来業務で当直やオンコール対応もなく、1日あたりに診る患者数も特別多くないのに年収2,000万円」という求人を見たら、求人票には書かれていない裏がある、と思ったほうがいいでしょう。

ここでは、医師が高額求人を見る際に注意したいポイントを4つご紹介したいと思います。

当直やオンコールが頻繁にないかどうか?

医師の高額求人を見て真っ先に考えられるのが、「勤務負荷が大きいのではないか」ということです。

たとえば医師不足が深刻な病院の場合、少ない人数で当直やオンコールを持ち回りしなくてはいけない可能性があります。さらに当直明けの通常勤務も当然のようにあると、なおいっそう体力的にきつくなります。

最近は、当直を非常勤医に任せることで常勤医の負担を軽減する医療機関も増えていますが、結局は職場によるところが大きいのが現状です。

ちなみに、高額求人が多い「在宅医療」も、やはりオンコール待機が必須となっている職場が多くみられます。

入職後にバーンアウトしないためにも、当直やオンコールがある場合は月何回くらいなのか、緊急対応はどの程度の頻度なのか、などを事前にしっかり確認することが大切です。

高度なスキルや資格を求められていないか?

当たり前のことではありますが、どの分野でも希少性が高い人材ほど好待遇で採用されます。

医師の場合、保有者の少ない専門医の資格を持っている・できる手技の種類が多い・専門性の高い手術が可能、などのアピールポイントがあると、転職には非常に有利です。

高額求人の中には、こうしたスキルや資格がないと応募できないものもあります。もしくは、未経験者でも研修制度があるからOKとしていても、その場合は提示されている収入よりかなり低くなる可能性が大です。

実際に医師の転職サイトで年収2,000万円以上の案件を検索すると、整形外科や、自由診療の美容皮膚科・美容外科などが多くヒットします。整形外科では、骨折や人工関節のオペができる人材が普通に求められていますし、美容分野でも脂肪吸引や美容外科手術の経験があるドクターが優遇されています。

また、製薬会社のメディカルドクターは勤務時間が安定している上、高収入の期待できる仕事ですが、外資系の企業ですとかなりの英語力が必要とされることがほとんどです。

最初から確実に高収入を得たい場合は、現在もっているスキルや資格で勝負できる職場を選びましょう。

診察する人数が多くないかどうか?

高額求人の中には、外来患者数が多すぎるところもあります。

繁忙期はともかく、普段から1日あたりに診察する患者数が多い職場は、やはり医師の負担が大きいです。一般的には、1日あたり40人~多くても60人程度が平均ですが、それを超えると昼休みも取れなかったり、患者さんに対して満足な診察ができなくなったりします。

その職場の外来患者数や医師の在籍数などは、必ずチェックしたいポイントです。

人間関係などに問題がないかどうか?

勤務条件にとくに大きな問題がないのに、相場よりかなり高収入を提示している医療機関は、もしかしたら人間関係や職場環境に問題がある可能性も考えられます。

そのような職場では、すぐに人手を確保しないと業務がまわらないため、相場より高収入で募集をかけることもあるからです。

それを知る手がかりになるのが、その職場の離職率です。医師や看護師が入ってもすぐに辞めていく職場には、やはり何かしら問題があると考えたほうがいいかもしれません。

転職先の実情をリサーチするためにも、医師転職サイトの活用を!

医師の転職

高額求人に応募する際には、その職場の内情をよく調べる必要がありますが、個人でのリサーチには限界があります。

どの求人票にも基本的にいいことしか書かれていませんから、実情を知るためにはそこに勤めた経験のある人に話を聞くしかありません。

しかし、そんな手間をかけずにリサーチする方法が一つだけあります。それは、医師の転職支援サイトを利用することです。

転職サイトに登録すると一人ひとりに担当コンサルタントが付いて、マッチングや面接同行などのさまざまなサポートをしてもらえます。気になる職場があった際は、実際の勤務時間や、当直・オンコールの頻度、人間関係などを本人に代わってくわしくリサーチしてくれますので、非常に心強いです。

また、条件交渉も代行してもらえますし、最終的に決まった内容は書面に残して、医療機関・転職サイト・医師の三者間で共有するため、入職後に「話が違う」ということも起きにくくなります。

ちなみに、すべての高額求人に何か裏がある、とは限りません。たとえば、地方になればなるほど医師不足が深刻なため、同じような勤務条件でも都市部に比べるとかなりの高収入を得られる職場も普通にあります。とくに山間部や離島などのへき地では、一般内科の外来・病棟管理で年収2,000万円以上のところも少なくありません。

また、在宅医療も必ずしも激務とは限らず、週1~2回程度のオンコールで年収2,000万円を超える案件もあります。これは、在宅医療のニーズが高く、診療点数も高いからです。

美容外科や美容皮膚科などの自由診療分野も、もともとの単価が高いため、レーザーを使ったシミ取りや脱毛などの比較的簡単な業務だけで、年収2,000万円以上もらえるところもみられます。

要するに、高収入が可能なそれなりの理由がある職場もある、ということです。逆に、そうでない職場で極端に高額な報酬を提示しているところには慎重になったほうがいいでしょう。

まとめ

医師の高額求人を見る際に注意したいポイントについてご紹介しました。

残念ながら、医療機関にも「ブラック企業」は存在しており、入職さえすればこっちのものとばかりに、当初の条件を平気で変えてくるところもあります。しかし日本人の性質なのか、周囲への迷惑を考えて条件を飲んでしまうドクターも多いのが現状です。

そのようなことにならないためにも、とくに高額求人を狙うなら、医師転職サイトを利用して転職活動を行なうのがもっとも安全で確実な方法といえます。

また、一見すると高額求人ではなくても、交渉しだいで年収がアップしたり、インセンティブが付いたりする医療機関もありますので、まずはプロのコンサルタントに希望を伝えることから始めてみてください。

第1位!エムスリーキャリア

全国約30万人の医師の約8割が登録する医師登録会員数25万人以上のm3(エムスリー)が運営する医師転職サービスです。※他にない非公開求人も多数所有。ほとんどの医師が利用する転職サービスです。

公式サイト

【民間医局】の医師求人情報

医師のアルバイト求人に特化した転職支援サービスです。医師会員登録数が約10万人で年間紹介実績が4万件ほどある老舗の医師転職サービスです。

公式サイト

関連記事

医師が地方(田舎)の病院に転職する場合のメリット・デメリット

都会の病院で働いていた医師が、地方(田舎)の病院に転職するケースは少なくありません。 地元にもどる「Uターン転職」が代表的ですが、最近はそれ …

医師が総合病院に転職するメリット・デメリット

平成9年の医師法改正により、「総合病院」の制度は廃止されましたが、現在も病床数と診療科数の多い急性期病院は、一般的に総合病院と呼ばれることが …

医師が都市部(都会)の病院に転職する場合のメリット・デメリット

地方で働く医師が、都市部(都会)の病院に転職するケースもたくさんあります。 転職理由は医師によりさまざまですが、都会への転職の魅力として一番 …

医師が診療所・クリニックに転職するメリット・デメリット

クリニック(診療所)は、医師の転職先として人気の高い職場の一つです。 入院施設がない、もしくはあっても病床数が限られていますので、規模の大き …

放射線科の画像

医師が人間ドック・健診施設に転職する場合のメリット・デメリット

生活習慣病の増加や、人々の健康意識の向上などを受け、予防医療のニーズが年々高まっています。 そんな中、人間ドックや健診業務を行なう医師の求人 …