医師が転職する際の3つの方法

投稿日:

転職コンサルタントの画像

ほかの多くの職業と異なり、医師の転職は求人情報誌を通して行なわれることはあまりありません。

昔から多いのは知人の紹介で、インターネットが発達するまでは主流とも呼べる転職方法でした。

その他、各医療機関が出している求人情報を見ての直接応募や、自治体のドクターバンクへの登録、という方法もあります。

しかしインターネットが普及した昨今、圧倒的に増えているのは転職サイトの利用です。

ここでは、以上3つの転職方法(知人の紹介・直接応募・転職サイト)について、それぞれくわしくご紹介していきます。

知人の紹介・伝手

医師の転職方法として昔から多いのは、友人や知人による紹介です。大学の同期や、先輩・後輩・恩師、もしくは親戚や兄弟というケースもあります。

医師の世界は横のつながりが強いため、転職を考えた時に知人に相談する医師は今なお多いようです。

知人の紹介による転職のメリットとデメリットを考えてみましょう。

メリット

  • 信頼できる知人からの紹介であれば安心感がある
  • 職場の内情について話を聞きやすい
  • 勤務条件に関して融通をきかせてもらいやすい

デメリット

  • 事前に聞いていた話と実情が違う可能性がある
  • 勤務条件の改善を求めにくい
  • 転職を考えていることが今の職場にバレるおそれがある

知人の伝手による転職は、その知人が勤める職場を紹介してもらう、という形が多いため、「その人がどれだけ信頼できる人物か」が大きなポイントとなります。

いいことも悪いことも含めて正確な情報を教えてくれる知人であれば、入職後のミスマッチも起こりにくく、納得のいく転職ができるでしょう。

また、その知人が職場の中でも上のポストに就いている場合はとくに、勤務条件について融通をきかせてもらいやすい点もメリットです。

一方、知人による紹介にはさまざまなデメリットもあります。職場の雰囲気や働きやすさに関する情報は、基本的に知人目線のものになりますので、100%信頼できるとは限りませんし、紹介であるがゆえに契約条件があいまいになってしまうことも少なくありません。

もしミスマッチが起こったとしても、紹介で入った手前、強く改善を求めるのも難しいものです。

さらに、知人に転職の相談をすることで、その情報が今の職場に漏れ伝わってしまうリスクもあります。

このように考えますと、知人の紹介による転職はうまくいくケースとそうでないケースに二極化される、といえるかもしれません。

直接応募・ドクターバンクへの登録など

知人を介さず、自分で求人情報を見て応募する、もしくは自治体のドクターバンクに登録して転職先を探す医師たちもいます。

最近は多くの医療機関がホームページを開設していますので、その中の求人を見て応募する医師も多いようです。

ドクターバンクは、医師不足が深刻な問題となっている昨今、自治体が地域の医療機関(おもに公立病院)の医師を確保するために無償で行なっている事業です。

このように、医師がみずから動く転職活動には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 自分のペースで転職活動ができる
  • 転職サイトに登録されていない職場に応募できる
  • 一定のサポートを受けられる(ドクターバンク)

デメリット

  • 自分で動くため、多忙な医師には負担が大きい
  • かならずしも好条件の求人が見つかるとは限らない
  • 公立病院の求人しか扱っていないところが多い(ドクターバンク)

直接応募の場合、情報収集や勤務条件の交渉などをすべて自分でしなければいけないため、ただでさえ多忙な医師には負担が大きい点がデメリットです。

ドクターバンクの場合、希望条件に合わせたマッチングや、気になる病院の情報提供などを受けられるところが多いのですが、それ以上のサポートは期待できない可能性があります。たとえば、面談への同行や契約内容の確認、紹介後のフォローアップなどのきめ細かなサービスを受けたいなら、ドクターバンクよりも民間の転職サイトを利用したほうが確実です。

また、ドクターバンクは自治体が行なっている事業だけに、都道府県内の公立病院の求人しか扱っていないところも多く、民間の病院やクリニックなどの情報は得られない可能性があります。

インターネット(転職サイト)

最近、飛躍的に利用者が増えているのが、医師専門の転職サイトです。

転職エージェント(人材紹介会社)が運営するサイトで、全国各地の医療機関はもちろんのこと、介護施設や一般企業など、医師を求める職場が数多く登録されています。

サイトの収益は、求人を出している医療機関や企業からの紹介手数料で賄われていますので、ユーザー(医師)の利用は完全無料です。

メリット

  • 非公開求人が多い
  • コンサルタントによるさまざまなサポートを受けられる
  • 入職後のトラブルが起きにくい

デメリット

  • 数あるサイトの中からどこを選べばいいのかわかりにくい
  • 会社やコンサルタントの質にばらつきがある

転職サイトを利用する大きなメリットは、求人数が多いことと、きめ細かなサポートを受けられることです。

転職サイトは、表に出ない非公開求人も数多く保有しており、条件に合った医師がいれば優先的に紹介します。とくに好条件の求人は、非公開のうちに人員が補充されることがほとんどです。

職場の内情についても、知人の紹介と違ってバイアスがかかりにくいため、正確な情報を得られやすいですし、給与や勤務条件の交渉、さらには面接への同行などもしてもらえます。

また、最終的に決まった条件はすべて書面にして、転職サイト・求人企業(医療機関)・医師の3者間で交わしますので、入職後に「話が違う!」ということになりにくい点もメリットです。

転職サイトはメリットのほうが圧倒的に多いのですが、デメリットがあるとすればサイト選びの難しさや、コンサルタントの質が玉石混交であることが挙げられます。とくにコンサルタントの対応力は、転職成功の大きなポイントになるため、実際に電話や面談で話して、信頼できそうかどうかを判断することが大切です。

このサイトでも、大手サイトの徹底比較や、とくにおすすめできるサイトなどをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

第1位!エムスリーキャリア

全国約30万人の医師の約8割が登録する医師登録会員数25万人以上のm3(エムスリー)が運営する医師転職サービスです。※他にない非公開求人も多数所有。ほとんどの医師が利用する転職サービスです。

公式サイト

【民間医局】の医師求人情報

医師のアルバイト求人に特化した転職支援サービスです。医師会員登録数が約10万人で年間紹介実績が4万件ほどある老舗の医師転職サービスです。

公式サイト

関連記事

医師が転職して活躍できる外資系製薬会社と保険会社

医師の転職先には、外資系の製薬会社と保険会社もあります。 製薬会社では、新薬の開発にたずさわる「メディカルドクター」として、保険会社では保険 …

医師の転職理由(動機)として多いもの

転職はなかなかパワーのいることですから、踏み切るにはそれなりの理由やきっかけが存在するはずです。 医師もほかの多くの職業と同様、「勤務条件の …

医師しんどい

当直がしんどすぎて転職をしたい医師へ教えたい「当直なし」求人の給料事情

医師にとって負担の大きい業務の一つが、当直です。 常勤医の当直は、日勤の後そのまま職場に残って行なうことが多く、さらに翌日もそのまま日勤をこ …

外来

内科医の転職事情

内科はもっとも医師数の多い科目であり、専門医もたくさんいます。 同時に、標榜する医療機関の数がもっとも多い科目でもあるため、必要医師数も多く …

医師の転職で役に立つ専門医・指導医資格取得のための転職もアリ

医師の転職では、基本的に専門医や指導医の有資格者が優遇されます。 しかし、専門医になるためには各学会の認定施設または関連施設で、所定の研修プ …